印鑑登録の注意点

admin

印鑑印鑑登録は、実印と身分証明書があれば誰でもできるのですが、それでも注意点はあります。まずは登録資格です。住民登録をしていて、15歳以上であり、外国人の場合は外国人登録法での登録を受けていることが条件となります。そして登録できる印鑑の基準としては、8mmから25mmの正方形に収まるもので、その形には制限がありません。ただし、登録は1人につき1つ限りとなります。次に、文字ですが氏名と名、あるいはその一部を組み合わせたものが有効となります。

登録できない印鑑としては、ゴム印など変形しやすいもの、規格外のもの、印影が鮮明に写らないものや、文字がきれているものや、外枠がなかったりするものがあります。また、ローマ字を使用したものや、文字を図案化して判読できないものや氏名以外が記されたものも登録できません。

そして申請時に必要な身分証明書ですが、社員証や健康保険証は認められません。住基カードがあれば、近所のコンビニでも発行できるところがありますので便利です。他には、銀行印でも登録できますが、同一のものを使用すると偽造や紛失の際には危険が大きくなりますので、やはり別々のものを用意してください。はんこを用意するだけでは実印にはなりません。印鑑登録することで、初めてそのはんこは実印とみなされるのです。

印鑑登録と印鑑証明書

admin

印鑑証明書を取得するには、まず実印を用意しなければいけません。街のはんこ屋さんで作ってもらうのもいいでしょうし、ネットの印鑑通販サイトを利用するという手もあります。こうして実印が用意できたら、次は身分証明書です。運転免許証を持っている人であれば、それで充分ですが、持っていない人であれば、住民基本台帳カードやパスポートなどを用意し、そしては必ず有効期限を確認してください。

パスポート実印と身分証明書が用意できたら、それを持って市町村役場へ行きましょう。窓口で印鑑登録の申請を行い、そして登録という流れになります。登録が終了すると、印鑑登録カードが発行されます。このカードがあれば、窓口を通さなくても、機械により印鑑証明書が発行できるのです。

印鑑登録カードにはパスワードが必要となり、これにより発行の際に身分証明書が不要となります。実際に印鑑証明書が必要な場合は、このカードを自動交付機に差し込んで発行することになりますが、手数料として数百円が必要です。実印の用意に時間はかかりますが、市町村役場での登録申請や登録には、それほど時間はかかりません。自動交付機での証明書発行についても、画面の指示に従って行えばすぐに発行されます。印鑑証明書は誰しも必要となるものですので、持っていない方はこれを参考にして、印鑑登録を済ませてください。次は、印鑑登録の注意点について紹介します。

印鑑証明書の意味

admin

例えば、車を買う際に、印鑑証明書を用意するように言われます。車の購入以外にも、住宅ローンを組む場合や、不動産の売買、公正証書作成時にはこの印鑑証明書が必要となるのです。では何故このような重要な契約の際に、印鑑証明書が必要なのでしょう。

印鑑登録印鑑には認印、銀行印、実印の3種類があり、印鑑証明書には実印を使用します。はんこを市町村役場に届け出ることで、そのはんこが実印として認められますが、実はその実印も押印しただけでは、実印以外のはんこと同じものということになります。例えば、その実印を本人以外の人が押した場合はどうなるでしょう。大きなトラブルの素になってしまいます。そのために印鑑証明書が重要な役割を担うことになるのです。

印鑑証明書は、本人かあるいは本人から委任された人しか手にすることはできません。実印であれば、家の中の誰でも持ち出せるわけですが、印鑑証明書はそういうわけにはいかないのです。また、印鑑証明書は3ヶ月しか有効期限がありませんから、そういう点でも印鑑証明書は重要視されているのです。つまり印鑑証明書とは、市町村役場がその実印を本人のものであると証明したものと言え、信頼度はこれ以上ないほどに大きなものなのです。

印鑑登録と実印

admin

自動車運転免許を取得して、初めて車を購入する際に、印鑑証明書の提出を求められ、慌てた経験を持っている人は、意外と多いものです。この印鑑証明書は、本人確認のために必要となるとても重要なものなのです。この印鑑証明書を発行するためには、手順を踏まなければいけません。まずはその流れから見てみましょう。

印鑑証明書に使うはんこは実印です。実印には、認印や銀行印と違い姓と名が記されています。この実印も登録しなければただのはんこです。まずはこの実印と、身分証明書を用意して、市町村役場へ赴いてください。窓口で申請を行い、そして実印が印鑑登録されます。印鑑登録をされ、ようやく実印としての効力を持つのです。この印鑑登録された実印ですが、それが本人のものであることを証明するには、実はまだ完全ではないのです。

印鑑印鑑登録をした実印は、例えば誰かが勝手に使うことも考えられます。そういう恐れに備えて、印鑑証明書があるのです。印鑑証明書は、実印の印影を印刷したもので、これは本人か、本人に依頼された人でなければ発行することはできません。印鑑登録の手続きが完了した時点で、印鑑登録カードが手渡されます。このカードにはパスワードが必要となりますので、本人以外使うことはできないのです。つまり、印鑑証明書こそが本人であることの証明となり、重要な契約には印鑑証明書が必要となってくるのです。このサイトは、印鑑証明書印鑑登録の仕方について説明します。