印鑑登録の注意点

admin

印鑑印鑑登録は、実印と身分証明書があれば誰でもできるのですが、それでも注意点はあります。まずは登録資格です。住民登録をしていて、15歳以上であり、外国人の場合は外国人登録法での登録を受けていることが条件となります。そして登録できる印鑑の基準としては、8mmから25mmの正方形に収まるもので、その形には制限がありません。ただし、登録は1人につき1つ限りとなります。次に、文字ですが氏名と名、あるいはその一部を組み合わせたものが有効となります。

登録できない印鑑としては、ゴム印など変形しやすいもの、規格外のもの、印影が鮮明に写らないものや、文字がきれているものや、外枠がなかったりするものがあります。また、ローマ字を使用したものや、文字を図案化して判読できないものや氏名以外が記されたものも登録できません。

そして申請時に必要な身分証明書ですが、社員証や健康保険証は認められません。住基カードがあれば、近所のコンビニでも発行できるところがありますので便利です。他には、銀行印でも登録できますが、同一のものを使用すると偽造や紛失の際には危険が大きくなりますので、やはり別々のものを用意してください。はんこを用意するだけでは実印にはなりません。印鑑登録することで、初めてそのはんこは実印とみなされるのです。