印鑑登録と実印

admin

自動車運転免許を取得して、初めて車を購入する際に、印鑑証明書の提出を求められ、慌てた経験を持っている人は、意外と多いものです。この印鑑証明書は、本人確認のために必要となるとても重要なものなのです。この印鑑証明書を発行するためには、手順を踏まなければいけません。まずはその流れから見てみましょう。

印鑑証明書に使うはんこは実印です。実印には、認印や銀行印と違い姓と名が記されています。この実印も登録しなければただのはんこです。まずはこの実印と、身分証明書を用意して、市町村役場へ赴いてください。窓口で申請を行い、そして実印が印鑑登録されます。印鑑登録をされ、ようやく実印としての効力を持つのです。この印鑑登録された実印ですが、それが本人のものであることを証明するには、実はまだ完全ではないのです。

印鑑印鑑登録をした実印は、例えば誰かが勝手に使うことも考えられます。そういう恐れに備えて、印鑑証明書があるのです。印鑑証明書は、実印の印影を印刷したもので、これは本人か、本人に依頼された人でなければ発行することはできません。印鑑登録の手続きが完了した時点で、印鑑登録カードが手渡されます。このカードにはパスワードが必要となりますので、本人以外使うことはできないのです。つまり、印鑑証明書こそが本人であることの証明となり、重要な契約には印鑑証明書が必要となってくるのです。このサイトは、印鑑証明書印鑑登録の仕方について説明します。